読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STM32F4 のクロック

この週末で、GPIOの使い方は復習できた。SWとLEDの点滅。

つぎは、タイマを使ってLEDを点滅させる。今日は完成しなかった。

 

タイマを使うといっても2種類考えられる。

  1. PWMをつかう
  2. タイマ割り込みを使い、ソフトウェアでPWMを出力する

1はタイマにお任せなので、CPU負荷なく実現できる。その代わり、タイマごとに出力ピンが規定される。

2は出力ピンは自由だが、CPUに負荷がかかるし時間の精度は1に劣る。

 

GPIOとタイマの出力ピンの切り替え設定の仕方を探すのに時間がかかった。

 

また、各種のクロックの内容を思い出せず、資料を探しているところで

今日は時間切れ。

Cortex-M4 の日本語のマニュアルは見つからなかったが、M3 のものを発見できた。

Cortex-M3 テクニカルリファレンス マニュアル

ARM Information Center