読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小型スピーカの筐体加工

スタバカップスピーカの無線版の件。

スピーカ部分を横に向けたくなった。

小さくて加工しやすい安価な箱がないものか。

100円ショップでみつかるとよいのだが。

スピーカーの自作でぐぐると、MDFでしっかり作るものがおおい。

お手軽っぽいのは千石でスピーカーボックスを売っている。

ただ、今回使おうと思っている小型スピーカーに大きさがあわない。

  • 電池ボックス
  • アンプモジュール
  • 無線モジュール

これらを小さくまとめて、手のひらサイズの箱にいれたい。

もし、板から加工する場合、emerge+ さんがよさそう。

 

小さい箱なので、2.5mm の厚さのものを使いたい。そうすると問題になりそうなのが、箱にするための板材のつなぎ方。通常は12mmとか20mmとかの厚さのものをねじ止めか木工用接着剤で固定するらしい。

 

で。考えた案。板を直角に接合する部分に角材を使う。12mmあれば接着面も十分な気がする。短4乾電池x3本を支えられればよい。

12mm角のMDFは売って無さそうだが、12mm厚の板を棒状に切ればよい。これは買うときにカッティングしてもらうべき。

 

あ。MDFにこだわらなくてもよいのかも。見えないところだし、接着剤が付きやすい、とかねじ止めしやすい、とかなら。あと安いものなら。

 

なんにせよ、正確な図面が大事。サイズが板厚分ずれる、とかやりそう(汗

CADでしっかり作りたい。久しぶりに3DCADで遊びたい。